首都郊外の路上に多数の焼かれた遺体、民間人夫妻も ロシア軍による戦争犯罪の可能性

首都郊外の路上に多数の焼かれた遺体、民間人夫妻も ロシア軍による戦争犯罪の可能性

首都郊外の路上に多数の焼かれた遺体、民間人夫妻も ロシア軍による戦争犯罪の可能性

(注意: きわめてショッキングで、見ていてつらい内容が含まれます)

ウクライナの軍事侵攻を続けるロシア軍部隊の一部が、首都キーウ近郊から後退した後、現地にBBCの取材陣が入り、ロシア軍に殺害されたとみられる民間人を含む13人の遺体を確認した。

黒く焼かれた遺体の中には、3月初めにこの路上でロシアの戦車に向けて両手を挙げて「子供がいる」と叫んでいたマクシム・イオヴェンコさんと、その妻クセーニャさんのものと思われる姿もあった。

取材したBBCのジェレミー・ボウエン中東編集長は、戦争犯罪の可能性があると指摘する。

BBCニュースサイトの記事はこちら。

YouTubeのBBCチャンネル登録はこちらから。
BBCニュースの日本語ツイッターはこちらから。

無 修正カテゴリの最新記事