看護部からのお知らせ

    一覧はこちら

    看護療育部長から

    重症心身障害児(者)とは、重度の肢体不自由と重度の知的障害を併せ持つ人々をいいます。

    当施設職員は言葉にできない利用者の皆様の、変化や訴えを五感で感じ取り、日常生活の援助や自立に向けた支援を行うという重要な役割を担っています。「呼吸」「排泄」「摂食」「清潔」「体位」などの生命・生活の維持に必要な基本的知識・技術に重点を置き「命の尊厳と人権の尊重」という理念に基づいた看護療育ケアを提供しています。

    四季折々のたくさんの行事を通じて、利用者の方々と一緒に過ごす時間は、懸命に生きる命の大切さを実感できる貴重な瞬間になっています。

    一人ひとりがその人らしく生活できることに関わるスタッフは喜びややりがいを感じながら日々頑張っています。

    看護部の理念

    済生会西小樽病院、重症心身障害児(者)施設の「みどりの里」の看護部職員は、済生会の理念および当施設が果たすべき機能・役割を知ったうえで、利用者の健康レベルに合わせた適切で良質な看護・介護・療育を提供することを目指します。

    1. いのちの尊厳と人権の尊重を看護・介護・療養の基本とします。
    2. 安全で健全な生活および人生を保障します。
    3. 品格のあるこころ豊かな看護・介護・療育を提供します。

    目 標

    1. 対象を個人として尊重し、ともに考えることを基本とした信頼される看護・介護・療育を提供する。
    2. 利用者、家族の方のニーズを的確に把握し、常に安全かつ効果的な質と量のサービスを提供する。
    3. 利用者にとって清潔で安全な療養環境・生活環境を提供する。
    4. 地域、他部門、他職種の人たちと意思疎通を図り、連携・協働する。
    5. 職業人として提供する看護・介護・療育の資質の向上を図るとともに、自己研鑽に努める。
    6. 人間として、職業人として成長を図り、組織の一員としての自覚を持ち、責任を果たす。

    各病棟紹介

    1病棟

    1病棟は超重症児者・準超重症児者の利用者が多く入院されている病棟です。

    医師・看護師・保育士・介護福祉士・PT・OT・STそれぞれの職種が連携をはかり、チームとなって個々の利用者さんに必要なケアを行なっています。

    私たち病棟スタッフは、利用者さんの気持ちを汲み取り心に寄り添える様なケアをすること、利用者さんの体調を整え成長発達しやすい環境を作り、その人らしく生きていけるよう支援することを大切にしながら毎日のケアをしています。

    2病棟

    人工呼吸器や酸素を使用しながら生活されている利用者が多いです。

    そんな状況でも、その人らしく生活していただきたく、毎日の看護・介護・療育を行なっています。

    お食事の場面

    お散歩中

    絵本の読み聞かせ

    • 利用者に合わせた療育内容があります。 楽器遊び、抱っこ、本の読み聞かせ、DVD・TV鑑賞、散歩、ぬりえ等
    • 朝の会、お散歩や日光浴の他にも季節に合わせた行事で、利用者さんも職員も楽しく過ごしています。

    3病棟

    3病棟は比較的医療度の軽い利用者が生活している病棟です。

    利用者に楽しんでもらえる時折々の行事を計画し行っています。

    今年は、支援する自分たちが使用する言葉が「優しいことばづかい」になるよう目標にし、生活している利用者がいつも笑顔で気持ち良く過ごして頂ける病棟づくりを目指しています。

    6病棟

    急性期、亜急性期病棟での治療を終えても、「在宅での介護が難しい」「治療は必要ないが、胃瘻の管理や痰の吸引が必要」など医療を伴う生活支援が必要な方の入院をお待ちしています。

    弊院は、在宅へ向けたご支援も致します。

    定床48床。病棟は広く明るい居住空間です。特に東側の眺望は抜群です。

    高齢者看護をしてみませんか?

    看護スタッフの募集もしています。

    教育体制

    現任教育

    1. 当院(施設)看護部の教育方針

    1. 済生会の理念と方針、病院(施設)の理念と方針、看護部の目的・目標に基づいた看護観を持ち、質の高い看護を提供できる職員を育成する
    2. 専門職業人として患者(利用者)の看護に必要な高い臨床実践能力を有する職員を育成する
    3. 個々の職員の学習ニーズや組織目標を勘案し、キャリア開発ラダーに基づいてそれぞれの立場と段階に応じた教育の機会の提供と教育支援を行う
    4. 職員の学びを看護実践に活用し、キャリアの向上を図るための活動の機会を可能な限り提供する

    (当院看護部 現任教育ガイドライン)

    2. 教育体制

    1. 院内教育
      1. クリニカルラダーにより個々の看護師の臨床実践能力を評価し、ラダー別研修を実施しています。
      2. ラダー毎に期待される役割を果たすため、必要な知識・技術を習得することを目的に院内研修を計画し年間通じて実施しています。
      3. ラダーに関わらず自由に参加できるトピックス研修や院内研究があります。

        院内研修計画

        研修の様子と参加者の声

      4. 安全に重症心身障害児(者)に看護を実践し、また職場内にスムーズに適応できることを目的に、新卒看護職員の教育はプリセプターシップを採用しています。またプリセプターは臨地実習指導者を担える職員が担当しています。
      5. キャリアのある看護職員に対しても不安がないように新卒者同様に院内研修を行っており、病棟内での教育はメンターシップを採用しています。
    2. 院外教育
      1. 重症心身障害児(者)看護について専門的な知識を得ることを目的とした研修や、臨地実習指導者を対象とする研修などを自薦、推薦により受講することができます。

        また、福利厚生会から研修助成を受けて希望する研修を受講することもできます。

        院外研修

      2. さらに「重症心身障害分野において、高い倫理観と熟練した看護技術及び知識を用いて、水準の高い看護実践が出来る看護師を育成する」ことを目的とした日本重症心身障害福祉協会認定 重症心身障害看護師教育課程(平成24年度開始)に職員を派遣しています。

        認定を受けた重症心身障害看護師は、院内・院外(看護学校等)で研修や授業の講師をしたり、日々の看護の質を高めるためリーダーシップを発揮しています。

        重症心身障害看護師からのコメント

    看護学生の臨地実習

    当院では看護大学、看護専門学校の小児看護学実習を受け入れています。当院の臨地実習指導者と学校の教員が協力し、看護学生の皆様によい看護体験をして頂けるようにしています。

    <受け入れ校>

    • 北海道医療大学
    • 北海道医薬看護専門学校
    • 北海道看護専門学校
    • 琴似看護専門学校
    • 札幌医学技術福祉歯科専門学校

    看護の日 ふれあい看護体験

    当院では北海道看護協主催の看護の日の行事に毎年参加しています。一人でも多くの高校の生徒さんをはじめとして地域の方々に看護師の仕事の一端を理解して頂ければと願っています。実施には当院看護師が付添い、患者(利用者)の方々と参加者の方の交流を見守り、お手伝いしています。

    看護部職員募集

    あなたも「支援する喜び」を感じられる職場で働いてみませんか?

    関心をお持ちの方の施設見学を随時受け入れています。