看護療育部

HOME > 部門紹介 > 看護療育部

看護療育部理念

看護療育部長挨拶

当施設では「重症心身障害」のある方々が生活しています。重症心身障害とは、重度の肢体不自由と重度の知的障害を併せ持つ状態を言います。
言葉で表すことの難しい方々の思いを五感で感じとり、日常生活の援助や療育活動を行います。「呼吸」「排せつ」「摂食」「清潔」「体位」などの生命維持や生活に必要な基本的知識・技術に重点を置き、「命の尊厳と人権の尊重」という理念に基づいた看護療育ケアを提供しています。
四季折々のたくさんの行事を通じて、利用者の方々と一緒に過ごす時間は、懸命に生きる命の大切さを実感できる貴重な瞬間になっています。

石井 絢子

TOP

看護療育部の理念

理念

済生会西小樽病院重症心身障害児(者)施設「みどりの里」の看護療育部職員は、済生会の理念および当施設が果たすべき機能・役割を知ったうえで、利用者の健康レベルに合わせた適切で良質な看護・介護・療育を提供することを目指します。

  1. いのちの尊厳と人権の尊重を看護・介護・療育の基本とします。
  2. 安全で健全な生活および人生を保障します。
  3. 品格のあるこころ豊かな看護・介護・療育を提供します。
看護療育部の目標
  1. 対象を個人として尊重し、ともに考えることを基本とした信頼される看護、介護、療育を提供する。
  2. 利用者、家族の方のニーズを的確に把握し、常に安全かつ効果的な質と量のサービスを提供する。
  3. 利用者にとって清潔で安全な療養環境・生活環境を提供する。
  4. 地域、他部門、他職種の人たちと意思疎通を図り、連携・協働する。
  5. 職業人として提供する看護、介護、療育の資質の向上を図るとともに、自己研鑽に努める。
  6. 人間として、職業人として成長を図り、組織の一員としての自覚を持ち、責任を果たす。
TOP