病院の敷地内全面禁煙について

2016年11月14日

 当院は受動喫煙対策義務を定めた健康増進法を受け、敷地内分煙としてまいりました。

 たばこは、喫煙者をはじめ周囲の方々にも健康上悪い影響を与えることはご周知の通りで、近年喫煙による健康被害に対し、社会的意識は着実に深まっております。また当院は公的病院として地域の皆様の健康を守ることを使命としております。そこで、当院では禁煙の取組みを一層強化することとし、敷地内で実施しております分煙を、平成29年1月1日より「敷地内全面禁煙」に拡大いたします。

 

快適な療養環境づくりのため、皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

病院長

一覧にもどる